東京デンタルスクール
ホーム スクール紹介 個別指導の特徴 授業料 Q&A 本社・アクセス メール お問い合わせ

インターネット検索の方はトップページ「東京デンタルスクール紹介」もご覧ください。

歯学部のCBT対策。大学1年生~6年生。定期テストから国試対策まで!
個別指導の東京デンタルスクール。365日受講可能!



マンツーマン個別指導で始める!
進級・CBT対策のマンツーマン個別指導 東京デンタルスクール


03-6802-5260
(AM10:00~PM23:00 年中無休)

歯科医師国家試験対策は年々厳しさを増し、 歯学部では国家試験に対応できる歯学生を輩出するために
定期試験、CBT、進級試験など年々難しくなってきております。

CBT一つを挙げても各大学で合格ボーダーは異なり、 関東では70パーセントのボーダーが採用されつつあります。

70パーセントはあくまで最低基準ですので 75%から85%程度を現実的に狙ってゆく必要があります。

定期試験においても、各大学のオリジナル問題から
最近では、国家試験対策を意識した問題が取り入れられるようになっております。

その際には「どこの範囲をどれくらい勉強することが重要なのか」ということが重要です。

定期試験や歯科医師国家試験の学習範囲は膨大で、
国家試験受験時には1日の勉強時間が10時間でも苦にならないようになっています。

これは4年生大学では考えられない歯学部の特徴です。

CBT対策は、基本的な知識はもちろん、「考え方」も重要なポイントとなります。

「臨床実地問題が苦手」

という生徒さんが多いですが、これは考え方やテクニックが不足しているからです。

例えば「骨折」を例にとってみます。

自転車に乗っていて転んでしまいました。そして骨折

この場合、転んだ時オトガイをぶつけて、正中部や、 関節突起部が介達骨折で折れたかな?

という想像力で、金属プレート(観血処置、顎内固定)を行って、 歯があれば線副子、小児や老人など歯がなければ囲曉結紮かなとある程度 流れをイメージすることが重要です。

この時に、CBTや国家試験レベルの問題で、「もっとレントゲンでいろいろ 問題や骨折線を見つけよう」という考えはよくありません。

もちろん、ある一定の学習ができればこのような考えをめぐらせて 余裕をもって考えたり、臨床の場では様々なケースも起こりえます。

しかし、CBTや歯科医師国家試験では基本的な思考がまずは基本です!

このような場合、レントゲンの正中部付近や下顎頸部などをまず チェックすることが重要です。

東京デンタルスクールは定期試験、CBT、歯科医師国家試験対策のマンツーマン個別指導スクールです。

JR山手線「秋葉原駅」徒歩2分(ヨドバシカメラ前)の教室には口コミにより全国よりご来校を頂いております。
交通アクセス

東京デンタルスクール 事務局

東京デンタルスクール 資料請求

03-6802-5260
(AM11:00~PM22:00 年中無休)